TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【海外 IP電話】海外在住でも無料で日本の番号(050)を保持できるIP電話が便利すぎる!

IP電話のイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です!

海外にいても、日本の番号に電話する必要がある時ってありませんか?

また日本のサービスの契約に日本の電話番号が必要な時ありませんか?

そんな悩みを解決してくれるのがIP電話です!

そこで今回はIP電話がなんたるかと、おすすめのIP電話サービスを紹介します。

1.IP電話とは

インターネットを使って電話をかけるサービス全般をIP電話といいます。

通常の電話ではインターネットではなく電話回線を利用をしますが、IP電話はインターネットを使うんだと思っていただければいいと思います。

普段あまり意識することはないと思いますが、LINEの電話はIP電話です。インターネットを介して電話をしています。

電話回線と比較した時に下記のようなメリット・デメリットがあります。

IP電話のメリット

・電話回線を使った通常の電話より安い

・インターネットなので世界中で使える

IP電話には個別に電話番号(050)を取得して利用するものと、番号なしで利用する者があります。

番号なしで利用するものの代表はLINE電話ですかね。特にLINEを利用するのに個別に電話番号はありませんよね。

050番号を取得できるものは後述して、解説していきます。

番号の有無に関わらずIP電話は安い、もしくは無料です。

海外に住んでいる人にとっての1番のメリットは、世界中で使えるということです。

どこにいてもインターネットさえ繋がっていれば利用できるというのがIP電話の魅力です。

今回は海外で利用できるといったところにフォーカスして説明していきます!

IP電話のデメリット

・電話回線を使った通常の電話より品質が悪い

・電話をかける番号によってはIP電話に対応していないことがある

電話専用の電話回線に比べると、IP電話は通話品質が劣ります。インターネットの調子が悪い時など、声がブチブチと切れてしまったりします。

格安SIMの平日お昼の時間帯なんかだと、まともに声が聞けなかったりもします。笑

110や119の緊急電話がIP電話からはかけることができません。また0120などの番号がIP電話に対応しておらず、電話がかけられないことがあります。

※0120に電話できるIP電話もあるので、後程紹介します。

2.日本の電話番号(050)が基本料無料で取得可能なIP電話サービス

日本の番号があると何が便利かというと、日本からの電話を日本にいるのと同じ条件で海外でも受けられるということです。

LINE電話などでは、番号は付与されないので発信は受信ができないんですよね。

また番号取得なIP電話サービスの中には基本料有料のものと無料のものがありますが、海外で利用する上で有料にする意味はないので有料のものは紹介から除外します。

基本料無料で050番号取得するなら、下記の2択かなと思います。

・SMARTalk - Rakuten Mobile

・My050(マイ050)- Brastel(ブラステル)

3.SMARTalk

実際に私が利用しているのがSMARTalkです。

楽天モバイルが提供するIP電話サービスになっており、IP電話の中では利用者も多いです。

ip-phone-smart.jp

前述しましたとおり、基本料金無料で日本の050番号が取得できます。

かかるのは通話料だけです。SMARTalkの料金設定はいたってシンプルなので特徴です。

一律8円/30秒が基本です。電話先が日本国内か海外かで課税/非課税が変わるだけですね。携帯電話宛、固定電話宛は特に関係ありません。

SMARTalk料金のイメージ

料金 | SMARTalk

4.My050(マイ050)

Brastel(ブラステル)が提供するIP電話サービスです。

www.brastel.com

こちらも基本料無料で050番号を取得できるサービスです。SMARTalkとは異なり、料金設定は国や携帯なのか固定なのかで変わってきます。

My050料金のイメージ

ブラステル|My 050(マイ050) - Brastel

海外在住の場合、現地の電話番号はSIMを契約すると思うのでわざわざIP電話は使いませんよね。

電話をかけたり、受信する用事があるのはほとんど日本だと思います。

日本への固定電話へ発信は、My050の方がSMARTalkより全然安いです。

ただし、日本への携帯電話への発信はMy050の方が高いです。

My050の1番のメリットは、0120への発信が可能であることです。

全ての0120というわけではないみたいですが、他のIP電話ではできない0120への電話がMy050では可能です。

5.SMARTalk vs My050(マイ050)

この2つのサービスを比べた時に、どこがおおきく違うのかを紹介します。

少し前段でも触れた部分もありますが、詳しく解説していきます。

5-1.通話料金

前述しましたとおり、海外在住でIP電話を利用して電話する用事があるのは日本だと思います。

なので日本への発信料金で比較します。

<SMARTalk>

固定: 8円/30秒(税別)

携帯: 8円/30秒(税別)

<My050(マイ050)>

固定: 8.79円/3分(税込)

携帯: 19.8円/分(税込)

正直、私のケースだと電話するのってクレジットカード会社や銀行などぐらい。

なので基本的に固定電話にしかかけないんですよね。

そうなると、My050(マイ050)の圧勝です。

料金Winner

My050(マイ050)

5-2.着信機能

私は日本で契約しているサービスの連絡先をIP電話の050番号にしています。

それ以外に日本の電話番号持ってませんからね。

なので時々、クレジットカード会社からなど電話がかかってきます。

その時に重要なのが、留守電サービスなんです。

日本と時差があるので、タイムリーに電話をとれることって少ないんです。

またIP電話の欠点でもあるんですが、着信履歴がちゃんと残らないケースがあって、留守電がないと電話があったことする気付かないなんてこともあります。

なので留守番機能あるとかなり嬉しいんです。

<SMARTalk>

留守番サービスあり(メール通知もしてくれる)

<My050(マイ050)>

留守電サービスなし

国際電話転送で代替(IP電話→転送先への通話料がかかる)

これはSMARTalkの方が便利です。

私がSAMRTalkを利用している1番の理由はこの留守電サービスです。

着信機能Winner

SMARTalk

5-3.発信機能

これは前述したものとかぶりますが、0120への発信です。

ほとんどのIP電話で0120への発信ができないんです。

0120からの着信はできます。 

<SMARTalk>

0120への発信不可(着信は可)

<My050(マイ050)>

0120への発着信の両方が可

正直、最近は多くの企業が0120以外にも03などの番号を用意してくれているので不便に感じることはあまりありませんが、0120の番号しかないところだとSMARTalkでは発信ができないので困りますよね。 

なのでこれはMy050の勝利!

発信機能Winner

My050(マイ050)

5-4.支払い 

この2つのサービス支払い方法が異なります。

<SMARTalk>

後払い(利用した分の支払い)

<My050(マイ050)>

前払い(チャージして、そこから利用分が引かれる)

※有効期限あり

SMARTalkはクレジットカードを登録しておいて、使った分が月ごとに請求されるといった形の支払いです。

対して、My050(マイ050)はアカウントにお金をチャージして使います。

注意すべきは有効期限があるということです。

My050有効期限のイメージ

FAQs - My 050 - Japanese

海外にいると、本当にたまにしか使わないので有効期限があると言うことはデメリットになります。

使いたい時にちょっとだけ使って、使った分請求されるの方がいいかなと思います。

支払いWinner

SMARTalk

5.最後に

この記事を見てどちらのサービスを選ぶかは何を優先させたいかだと思います。

私の場合は、留守電と使った分の後払いを選びました。

SMARTalk: スマホの通話料をトコトン安くする | SMARTalk

My050: ブラステル|My 050(マイ050) - Brastel

この記事が海外在住の方や、これから海外に住む方の参考になったら幸いです。

本ブログでは海外で役立つ記事を色々と紹介しております。

海外在住におすすめサービスをまとめた記事を作成しております。これで海外生活を快適なものにしてください!

www.tomfamilyworld.com

また海外旅行におすすめサービスをまとめた記事も併せてチェックしてみてください!

www.tomfamilyworld.com

では、また!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村