TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【イギリス 硬水 対策】現地のシャワー軟水化フィルターを試してみた!

イギリスシャワーのイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です!

今回はイギリスでのシャワーでの硬水対策を紹介します。

硬水がなんなのかご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単にいうと厄介な水質なんです。

イギリスでは地域によって硬水と軟水が分かれるので一概には言えませんが、私が住んでいるロンドンは硬水の地域にあたります。

地域の硬度がどれぐらいなのか調べたい方はこちらから調べられます。(郵便番号の入力要)下記がだいだいの分布です。

Hard Water Map

イギリス硬水分布のイメージ

引用: https://www.bristan.com/hard-water-map

硬水の何が良くないのか、シャワーにおける対策を紹介していきます!

以前に水道水・飲料水について書いた記事もありますので、こちらも参考にしてみてください。

飲水も軟水/硬水は大事なんです。

www.tomfamilyworld.com

1.硬水とは

水には硬度というものがあります。そして、

水の硬度による種別

硬度の低いものを軟水

硬度の高いものを硬水

という風に分けることができます。

水の硬度の基準は、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量です。

水の硬度基準

硬度が120mg/l以下を軟水

硬度が120mg/l以上を硬水

とWHOが定めています。

ちなみに日本は軟水の国なので、普通に過ごしていると硬水とか軟水とか気にしないので、あまり聞き慣れた言葉ではないんじゃないでしょうか。

では、この軟水と硬水の違いがどんな影響を及ぼすかを紹介していきます。

2.軟水と硬水の違い

参考サイト

https://www.kirala.jp/special/knowhow/440/

https://www.aquaclara.co.jp/lifehack/knowledge/difference/

軟水

・くせが少く和食や飲み水として適している

・洗剤や石鹸の泡立ちがいい

・肌や髪に優しい

・お腹に優しい

・洗浄力が高く、洗濯に適している

硬水

・洋風料理に適している

・マグネシウムが摂取できる

・洗剤や石鹸の泡立ちが悪い

・肌や髪によくない

・水の蒸発後にマグネシウムが残る

・お腹がゆるくなりやすい

・洗濯で服が痛みやすい、色落ちしやすい 

 ざっとこんな違いがあります。

おそらく多くの方が軟水の方がいい!と思うんじゃないかと思います。

いろいろ大変な所はありますが、今回のテーマはあくまで『シャワー』なので、シャワーシーンにおける硬水の問題にフォーカスして言及していきます!

3.シャワーにおける硬水の問題

上記の中で言うと、

・洗剤や石鹸の泡立ちが悪い

・肌や髪によくない

・水の蒸発後にマグネシウムが残る

シャワーにおける問題になるかなと思います。

3-1.洗剤や石鹸の泡立ちが悪い 

これは事実ですね。

日本から持って来たシャンプーとボディソープが全然泡だたなくてびっくりしました笑

美容師さんに聞いたら、日本で販売されているシャンプーは軟水想定だから、現地で買ったやつのが方が水に合ってるとのことでした!

おすすめのシャンプーを教えてもらって、試したら今のところいい感じです!

嫁が利用中。シャンプーとコンディショナーのセット。それぞれ1Lで£28.53です。
旦那が利用中。シャンプーのみ。1Lで£15.66です。

美容室でも使われているものらしく、香りも気に入ったのでしばらくはこれで落ち着こうかなと思っています。

3-2.肌や髪によくない

硬水だと髪がすきしむ。そして肌も荒れる。大変なんです。

特に嫁は敏感肌でして、ダメージを受けてます。

1年中乾燥しているのもあって、肌がカサカサ、ガサガサになってしまうんです。

肌質によるので個人差はかなりあると思います。

嫁は急いで、保湿などなど対策を練ってました。笑

ボディショップ製品が日本より全然やすいのでそこで色々調達しました。

www.tomfamilyworld.com

3-3.水の蒸発後にマグネシウムが残る

これ掃除するのが結構大変です。壁とかにもこびり付いちゃって。。。

配水管詰まりの原因にもなるらしく、こまめに対策する必要があります。

対策用のお掃除スプレーもスーパーで必ず売っています。こんな感じのやつ。

シャワー掃除用のスプレー

実際放置しておくと、こんな感じになります。。

硬水のイメージ

これが硬水か!と実感させられましたね笑

できる対策はないかと色々調べていたら、軟水化させるフィルターが売ってるんですね。

4.軟水化フィルター

日本で有名なのもあるみたいです。

使ったことはないので、紹介だけ。海外でもちゃんと使えるらしく色々なところで紹介されてます。

日本販売で海外対応の軟水化シャワーヘッド。本体も取り替えカートリッジも海外配送も可能とのこと。本体価格は、15,180円(日本国内)

準備万端で海外渡航したい方、日本製が安心という方にはいいんじゃないでしょうか!

次に私が現地で購入して、利用しているものを紹介します。

シャワーヘッドではなく、配管の間に挟むことでフィルタリングするものです。

下記イメージです。

軟水化フィルターのイメージ

入れてみて3ヶ月半ほど経ちますが、効果はありました。

乾いた後に残るマグネシウムの量も減りましたし、シャンプーの泡立ちも良くなりました。

ただ完全に!ってわけではなく、改善したぐらいですね。

3ヶ月半経った今、若干フィルターも性能が少しずつ落ちてきたかなーといったところです。

パッケージには6ヶ月以使えるって書いてましたが、水の使い過ぎですかね?笑

日本のイオナックは使ったことがないので性能比較はできませんが、費用的にこちらを引き続き利用してみようと思っています。

嫁はこれでも肌がやられるみたいなので、シャワーヘッドも追加してダブルフィルターにしようか検討中です笑

こちらは中の石を5ヶ月おきに交換することを推奨してます。石の詰め替えも別で購入が出来るようになってますね。

追加してみたらまた記事更新します!

5.最後に

せっかくの海外を楽しむために、肌荒れとかに悩みたくない!

これから海外渡航する方など、少しでも早く硬水問題が解決する手助けになったら幸いです。

他にもイギリス生活に関する記事も紹介してますので、併せてチェックしてみてください!

www.tomfamilyworld.com

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村