TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【コロナ 検査】イギリスのコロナ検査の流れと検査方法

イギリスのコロナ検査の流れと検査方法

皆さん、こんにちは!

Tom夫婦の嫁です。

 

ここ数日旦那の体調が優れず、

市販の風邪薬やのど飴を使っても改善しなかったので、

本日検査を受けてきました。

 

症状・検査までの流れ・実際の検査内容についてお話していきたいと思います。

 

今日受けてきたばかりなので、

検査結果はまだ出ていませんが、

とりあえず検査の内容まで情報共有させていただきます。

 

 

実際の症状

検査の3日前から徐々に出てきました。

 

・のどの痛み

・全身の倦怠感

・頭痛

・声が出ずらい

・味が日に日に薄く感じる

・鼻水

・たまに微熱

 

ざっとこんな感じです。

 

検査までの流れ

大まかに説明すると下記の流れ。

 

 

1.このアンケートみたいなものに回答する

 (リンクから飛べます)

2.111から電話が来て、症状とかを聞かれる

3.119に電話してテスト予約してくれと言われる

4.119に電話

5.症状の確認と、名前、連絡先(電話、メール)、住所、会社の確認をされテスト場所を予約してくれる
都合のいい時間と日付を聞かれる。
場所は家から近いところを探してくれる

6.予約の詳細がメールでくる

7.時間に会場にいく

8.会場で検査を受ける

 

Youtubeでも解説されています(英語)

www.youtube.com

 

1.アンケートに回答する

111.nhs.uk

 

上記のサイトで簡単なアンケートに回答します。

所要時間は約3分。

内容は、連絡先等の個人情報・症状を答えます。

 

回答終了後、〇時間以内に111から電話があります。

というメッセージが出てきます。

旦那の時は、2時間以内と表示がありました。

 

実際は1時間以内にかかってきました。

 

2.111から電話が来て、症状とかを聞かれる

いつから発症したか・発熱があるかなど、アンケートよりさらに細かい内容を聞かれます。

所要時間は約5分ほど。

ここでは特に言語を選択することはできなかったため、

英語で全て答えていました。

 

3.119に電話してテスト予約してくれと言われる

症状がコロナにあるものが多かったので、

電話口でこう言われました。

 

だがしかし、かなりしんどい中、英語で話してるんだから、

この電話で予約までとってあげればいいじゃんと私は横で思ってました。

対応が追いついていないのか、余計な段取りが多い気が。

 

アンケートの時点で精査して、コロナの疑いが強かったら、

そのままテスト予約画面まで進めたらいいのに。

 

旦那はまだ英語が話せるからいいけど、

ワーホリや留学でまだ全然英語話せない人が、

ふらふらになりながらさらに電話予約ってかなり拷問な気がするよ。

 

4.119に電話

電話してと言われたから電話したら、

「How can I help you? 本日はどうなさいましたか?」

から始まり、

「119に電話してと言われた。検査予約がしたい。」

と伝えたところ、

謎の無言の時間があったそう。

 

原因はよくわからないけど、

コールセンターのお兄さんもコロナ対応の毎日で疲れてるのかな。

 

5.症状の確認と、名前、連絡先(電話、メール)、住所、会社の確認をされテスト場所を予約してくれる

このコールセンターのお兄さん、かなり電話が遠く、テンション低く、ごもごも言う感じだったらしく、何度か聞き返していました。

 

毎日こんな電話ばっかでしんどいんやな。

お察しいたします。

ありがとう、NHS。

 

ここでも特に言語選択はありませんでした。

強い希望があればやってくれるのかもしれないけど・・・

 

6.予約の詳細がメールでくる

電話終わった直後に来ました。

予約確認メール

 

内容はこんな感じ。

あとは、この続きに持ち物や注意事項が書かれています。

 

・QRコード(メールが開けられればOK)

・写真付き身分証明書

・消毒液(会場に設置してありました)

・マスク

・水(会場にないのであったほうがいいかも)

 

 7.時間に会場にいく

公共交通機関(タクシーを含む)使用不可です。

旦那は徒歩で1時間以上かけていったのですが、

治安の悪いゾーンを通らなければならず、

体調も悪い中かなり大変そうでした。

自家用車があればよかったのですが・・・

 

あとは会場の住所がアバウトすぎる!!!

旦那が行った会場は屋外会場で、住所もアバウトなのでかなり探すのに苦労したみたい。

 

なので、時間より早めに行くことをお勧めします。

 

8.会場で検査を受ける

4人が一度に検査できるような会場になってたそうです。

個室の場合もあるみたい。

 

入り口で10分くらい待たされてから、検査開始。

 

綿棒が渡され、検査方法を教えてくれます。

1.のどの奥を左右10秒ずつこする

2.同じ綿棒で、鼻の中央らへんを左右10秒ずつこする

3.液体の入った検査容器に綿棒を入れる

4.袋に入れて封をする

5.再度メールにあるバーコードを読み取る

 

同じ綿棒というのが少し抵抗ありますが、

流れとしてはこんな感じらしい。

 

所要時間は約30分

 

結果はテキストかメールで通常48時間以内に連絡が来るとのこと。

最大5日かかるらしい。

 

ここまでの流れは下記Youtubeで解説されています。

www.youtube.com

 

最後に

いかがでしたか?

まだ結果が来てないので、

夫婦そろってそわそわしてますが・・・

 

でもどちらにせよ、コロナがとても身近になったし、

色々考えさせられました。

こんなに騒がれていてもやっぱり他人事だったなと感じます。

どうせ自分はかからないだろうと高をくくってました。

 

しかし、今回旦那が体調不良に陥って、

薬も効かなくて、最悪死んでしまったらどうしよう・・・

とずっとずっと考えました。

症状はまだ軽いけどもこれから悪化したらどうしよう・・・

どうしようが止まりませんでした。

 

なってしまったらどうしようもないのだけど、

死ぬことが決まったわけではないけど、この一件で人生の優先順位を人生設計を二人で見直そうということになりました。

 

そういう意味では不謹慎かもしれないけど、

コロナさんありがとう。

 

早く旦那がよくなりますように。

陰性の結果が届きますように。

コロナに苦しむ人たちがみんな治りますように。

 

他人事だと思わずにより一層予防に努めていきましょう。

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村