TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【イギリス スーパー】日本とは違う!イギリススーパーで買い物するときの注意点!

イギリススーパーのイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です!

今回はイギリスのスーパーについて!その国によってスーパーの感じもだいぶ違いますよね。

そこでイギリスのスーパーで買い物する上での注意点を記事にしてみたいと思います!

他にもスーパーでの物価調査の記事も掲載しています。

www.tomfamilyworld.com

では、さっそく注意点紹介していきます!

1.イギリスのスーパー

日本でもそうですが、イギリスにもスーパーはたくさんあります。

メジャーなものだけ紹介しておきます。

"BIG4"を呼ばばれるTesco, Sainsubury's, Asda, Morrisonsはよく見かけます!

ロンドンの中心地近くでは、TescoとSainsubury'sの小規模店舗がよくあり、知名度も高いんじゃないでしょうか。

イギリススーパーシェアのイメージ

Great Britain: Grocery market share 2015-2020 | Statista

私たちは家の近くにSainsbury'sとMorrisonsがあるので、このふたつをよく利用します。

またミネラルウォーターだけは、Tescoで買ってます。笑

理由は安い軟水のミネラルウォーターが買えるからです。詳細は下記記事で紹介しています。

www.tomfamilyworld.com

それぞれ品揃えや値段設定などの多少の違いはありますが。使い勝手は特に変わらないので、今回はその比較はいません。

イギリスのスーパー全般に言える注意点を紹介していきたいと思います!

2.イギリススーパーでの注意点

まず前提として、日本のスーパーは素晴らしいということを知っておいてください。

陳列や衛生管理、清潔感、商品品質どれをとっても世界トップだと思います。笑

2-1.野菜・果物がダメになっている時がある

日本でもあるかもしれませんが、そんなに多くないと思います。

イギリスだと陳列されている野菜や果物が痛んでいたり、腐っていたりすることがあります。

なので買う前に、ちゃんとチェックしておかないとおうちに帰ってから後悔することになります笑

2-2.肉類の液漏れに注意

ラッピングが甘いのか、液体が漏れてくるんですよね。笑

私たちは一緒に買った他のものが血まみれになることを防ぐために、肉類をいれるために別の袋を持っていってます。

日本と比べると、びっくりすぎるほど大きい塊肉も売ってたりするのでラッピングが難しいのかな?笑

ラッピングの品質も日本は高いから何ですかね。

こっちのラップは使いづらいんですよね。笑

記事でも紹介しています。

www.tomfamilyworld.com

2-3.砂糖・粉ものに注意

これはパッと見でけっこう分かるんですが、紙袋が破けて中身が出ちゃってるんですよね。笑

運送の問題なのか、陳列の問題なのかは分かりませんが、砂糖売場の棚は砂糖まみれ

小麦粉売場の棚は白い粉まみれ

程度は日によりますが、日によってはけっこう凄いことになってます。笑

つまり買う時も注意が必要です。

袋に小さい穴もよく空いているので、穴が空いていないか、破れていないかをよくチェックしましょう。

2-4.卵に注意

これは下記の記事でも紹介しているんですが、よく卵が割れているんです。

www.tomfamilyworld.com

買う前に必ず中身を確認してください。

ひびが入っているもの、完全に割れているもの。けっこうな確率で遭遇します。

現地の人が買い物しているのを見れば分かると思いますが、みんな必ず中身を見てから買い物カゴにいれます。

ちなみに卵売場は常温です。

冷蔵で販売しているのは日本ぐらいみたいですね。え?と思うかもしれませんが、日本が特殊なんです。

3.イギリススーパーで驚いたこと

3-1.棚違い

これは注意点ではないんですが、日本と違うので面白いなと思ったので共有します。

それは、『なんでこれがこの棚に??』ってことが頻繁にあることです。

写真内をよく見てみてください。なにか分かりますか?

イギリススーパーのイメージ

肉売場にスイカが紛れてますね。

これ決して稀じゃないんですよね。こういうのよく見ます

トイレットペーパーの棚にじゃがいも置いてあったり。

魚売場にあるはずの魚が冷凍食品のボックスで凍っていたり。

お客さんがやっぱいらない。って適当に置いてしまうんですかね???

実際に置かれるシーンに遭遇したことがないので未だに不明です。笑

日本だと皆さん元の棚に戻しますもんね。文化の違いでしょうか。

3-2.定員さんがアグレッシブ

あとは、店員さんが台車とかで荷物を運ぶ時。

日本だとお客さん優先で、邪魔にならないように店員さんは通ってくれますよね。

イギリスでは、通してー。って感じでガンガンきます。

納品中もお客さんがいても構わず納品します。

その棚に見たいものあるのに、邪魔ー!ってなることが普通にありますね。笑

3-3.商品の扱いが雑すぎる

セルフレジを使う事が多いんですが、例えば普通に定員さんのいるレジを使った時。

商品をスキャンして、放り投げたりを普通にします

それ私たちが買うやつ』と普通にイラっとします。笑

普通に置いてくれえばいいのに、なぜわざわざ投げる!?と思ってしまいますね。

食べ物とかも痛んだらどうすんの!』っていちいちなるので、なるべく無人レジで済ませますよね。笑

4.最後に

改めて日本のサービスであったり、人を思いやる姿勢というのは素晴らしいなと感じますね。

逆にそれがスタンダードになってしまうと、海外に来た時にちょっとモヤモヤしたりもします。笑

それが現地での普通だということは頭では分ってるんですが、いざそういう場面に出くわすと『うーん』となってしまいます。私もまだまだですね。笑

とにかくイギリスのスーパーで買い物する時、こういうことがある事前に知って心の準備だけしておきましょう。

そして、買う前にものの状態は要チェックですね!

他にもイギリス生活に役立つ記事を紹介してますので、併せてご覧ください。

www.tomfamilyworld.com

また海外生活に役立つおすすめのサービスをまとめた記事を紹介しております。ぜひチェックの上、ご活用ください!

www.tomfamilyworld.com

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村