TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【イギリスの祝日と休暇】日本は祝日大国?日本と異なるイギリスの祝日と休暇について!Sick leaveとは?

イギリス祝日休暇のイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です!

海外の人って、長期休暇を取っているイメージがありませんでしょうか?

それって休みが多いってこと?と思うかもしれません。

今回はそんな海外と日本の休暇を比較していこうと思います。

比較対象は、私が住んでいるイギリス。日本との違いにも触れながら紐といてみましょう!

1.海外は休みが多いのか

職種にはよりますが、土日・祝日休みとして考えてみましょう。

まずは日本の祝日を2020年ベースで比較してみましょう。

日本:18日

2020年祝日一覧。年間の祝日日数は何日?祝日の意味や定義とは?こちらの記事を参考にさせていただきました。

続いて、イギリス(イングランド)の祝日(バンクホリデー)です。

イギリス:8日

イギリスの祝日やバンクホリデーについて【2020年】 | 留学スクエアこちらの記事を参考にしました。

国のお休みに10日も違いがあります。。。

イギリスが少ないと感じる方がいらしゃるかもしれませんが、そうではありません。

日本が多いんです。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、日本は世界の中でも祝日の多い祝日大国です!!!

つまりカレンダー的には、日本の方は休みは多い。ということになります。

2.有給休暇

あと休みといえば、年休ですよね。

これは会社によるものですが、平均で20日/年だそうです。

「有給休暇」の基礎知識。“付与日数”や“5日取得義務”などの注意点を解説 - SmartHR Mag.を参考にしています。

日本:20日/年 

実際、私が日本で勤めていた時は確かに20日/年が各社員に割り当てられていました。

イギリスの年休はちょっと分かりにくいんですが、有休取得可能日数は週の勤務日数×5.6日です。ただし1年間最大で28日までとされています。

基本的に週5勤務の場合は、28日/年となります。

不思議なのが、会社は28日のうち祝日の8日間をこの数に含めることができます。

なので少ない会社だと、実質20日/年となってしましますね。汗

イギリス政府のHPを参考にしましたので、気になる方は見てみてください。

Holiday entitlement - GOV.UK

今回は私のケースで紹介します。私は、25日/年の年休を割り当てられているのでこれを基準にさせてください。

イギリス:25日/年

こう見ると、日本より有休は多いように感じますね。

ここまでの休みの総数でいうと、

日本:18+20=38日/年

イギリス:8+25=33日/年

と、日本の方がまだ5日多いといった結果になってますね。

この後、日本と異なるSick leaveというものについて説明します。

3.Sick leave(病気休暇)

アメリカやイギリスなどでは一般的なSick leaveという制度があります。

Sicl leave(病気休暇)

自分や家族が病気や体調不良になった際に利用できる休暇

ポイントは、有給だということです。

年休とは別に、有給休暇として使える休暇なんです。

日本では体調不良になった時、年休を使うのが一般的ですよね。

私も日本にいた時はインフルになったらマズいと思って、5日以上は必ず有休を残してました。笑

海外のSick leaveの考え方を知ってしまうと、有休の本来の使い方ってなんだろう。と思ってしまいますよね。

これも会社や継続勤務年数によるので、私のケースで紹介させてください。

Sick leave:15日/年

勤続年数が長くなると増えたりするようです。

私は勤務し始めたばかりなので、1番少ないようですが15日もあれば十分です。笑

ちなみに、二日酔いでSick leaveを取る人が多いようです。笑

 

日本と1番違うのはここだと思います。

自分の年休は、自分が使いたいことのために使える。25日を好きに使える

自由に設定できる休みが多い。と考えるとイギリスの方が休みが多いと感じるかもしれません。

4.年休取得率

年休取得率のイメージ

「有給休暇」の基礎知識。“付与日数”や“5日取得義務”などの注意点を解説 - SmartHR Mag.

日本の年休といえば、取得率が悪いで有名ですよね。

これは2018年のものなんで、ちょっと古いんですが平均を考えると20日のうち10日しか使えていないことになります。

逆にヨーロッパは取得率が高いで有名です。イギリスは96%で、ほとんどの人が使い切っていることになります。

年休が実際に使えるかどうか』というのも大きなポイントですよね。

5.有休の取り方

これも大きな違いだと思います。

日本:短い休暇

イギリス:長い休暇

これは文化的なものだと思いますが、日本では『長期休暇は罪悪感がある』『他の人に迷惑かけてしまうから取れない』というのが多いかなと思います。

逆にイギリスだと1週間まるまる休む。2週間まるまる休む。みたいのが普通にあります。これは皆そうだからお互い様という精神で成り立っているそうです。笑

長期休みの方が、休んでいる!という感じがして海外の人は休みが多いと感じるのかもしれません。

6.最後に

決して日本の休みが少いわけではない。ということが分っていただけたでしょうか。むしろ祝日は多い国なんです。

私がイギリスに来て、強く感じたのは『自由に使える休み』が日本は少ないのかなということです。

制度はあっても、実行されていない。

仕事に穴が開けられない、まとめて休めない。 など

このあたりの違いから、海外の方が実質的な休みが多いと感じるのかもしれません。

私はこういう海外の制度や文化に憧れて、海外で働こうと踏み切ったうちの1人です。

今はコロナで休んでもできることはありませんが、コロナが落ち着いてしばらくしたら休暇を使って羽を伸ばしたいですね!

イギリスでのワークライフバランスを記事にしたものもあるので、興味があればチェックしてみてください。

www.tomfamilyworld.com

海外就職に興味のある方は、海外就職に関する記事を下記にまとめてますのでチェックしてみてください!

www.tomfamilyworld.com

またイギリスに関する情報発信も色々としていますので、こちらもチェック!

www.tomfamilyworld.com

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村