TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【海外旅行 ドライヤー】海外対応のヘアドライヤーは海外旅行の必需品!

海外対応ヘアドライヤーのイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です!

海外旅行便利アイテムシリーズで、ヘアドライヤーを紹介します!

宿泊先に必ずしもドライヤーがあるとは限りません。立派なホテルならあると思いますが、格安旅行でホテルの費用を抑えている場合などドライヤーがないことがほとんどですよね。

海外旅行に便利なグッズは下記のリンクにまとめてます。併せてご覧ください!

www.tomfamilyworld.com

1.海外対応のドライヤーとは

海外対応ドライヤーとは、『幅広い電圧に対応しているドライヤー』です。

ご存知の方も多いとは思いますが、日本の電圧は基本的に100Vです。 

世界的に、日本は電圧の低い国なんです。 

日本の標準のドライヤーを電圧の高い国で利用するのは、大変危険です。

そこで日本でも幅広い電圧に対応した海外対応のドライヤーが販売されているんです。

2. 海外対応ドライヤーの何が便利なのか

シンプルに『どこの国でも基本手に使える 』のが魅力ですよね。

私たちは世界一周に行っていたので、入ろいろな電圧帯の国に行っていました。そんな中でも電圧をいちいち気にすることなく利用できるのは大変助かります。

ホテルの予約の時に、ドライヤーがあるホテルを探すのを手でありますが、よく海外旅行に行く人であればひとつ持っていていいアイテムかなと思いますね。

3.海外対応ドライヤーだけ持っていけばいいのか?

いえ、変換器が必要にはなります。日本とはコンセントの形状が異なる国がほとんどですので、少なくとも変換機は必要ですね。

コンセント形状のイメージ

https://www.cucoo-rental.com/plug.html

USBポートも付いているタイプだと、スマホなどの充電はこれでもカバーできますよね。

様々なコンセント形状に対応。嬉しいUSBポート4つ付き

私たちはこういった変換プラグにタコ足配線を繋いで使ってました! 

タコ足配線があれば、何個も変換器を持って行かなくて済むので便利です。

タコ足配線も電圧対応している必要があるので、詳しくは下記記事でご確認ください。

www.tomfamilyworld.com

4.おすすめの海外対応のヘアドライヤー

あくまで個人的なオススメです、『コンパクト』なもの。これに限ると思います。

折りたたみできるタイプ』ならある程度コンパクトになるので、折りたたみがいいと思います。

本体サイズ:高さ20.8×幅17.2×奥行7.9cm 電源:AC100V 50-60Hz 消費電力:1200W (ターボ時) コンパクトでも風量1.3㎥/分で、パワフルドライ。 本体重量(kg):0.42

探せばもっともっと多機能かつ高機能のものもありますが、旅行用であればそこまでお金をかけなくてもいいんじゃないかなーと個人的に思います。

とにかく機能がありすぎて、荷物としてかさばるのは避けた方がいいと思います!

5.最後に

私たち夫婦も旅行を重ねるうちに、これ必要。これはあんまり必要じゃない。みたいに判断できるようになっていきました。

なので紹介しているものは、持っていてよかったなと思っているものです。

他にも海外での便利アイテムを紹介していますので、ぜひご覧ください!

www.tomfamilyworld.com

旅のスタイルも異なるでしょうし、必要なものも人それぞれ家とは思いますが、ひとつの参考になれば幸いです。 

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村