TOM夫婦の世界の窓

「世界」で挑戦し続ける夫婦のブログ~毎日更新~

【ロンドン 家探し】ロンドンと日本の物件の違い。日本クオリティを求めると上限がない?

ロンドン家探しのイメージ

どうも!TOM夫婦の旦那です。

ロンドンでの家の購入に向けて、最近は色々な物件をネットで見ていまして、その中でやっぱりここが日本と違うな!と感じる部分が多くあったのでご紹介したいと思います。

私たち日本人としては「これが欲しいのに!」なんて思うことも多くあるので、そのあたりは共感していただけるんじゃないかなと思います!

1.バスルーム

日本だと、トイレとお風呂が同じ部屋ってあまり一般的じゃないですよね。

ただイギリスを含む、ほとんどの海外ではトイレとお風呂は一緒になっています。

イギリスお風呂のイメージ

日本で言うユニットバスですね。
バスルーム(bathroom)というと、シャワー、トイレ、洗面台のある空間となります。

時々、トイレが独立していて別々になっている物件もありますが、希少ですね。

2.バスタブ

湯船につかるという文化をもつ国はほとんどありません

日本以外にもあるのかもしれませんが、私は日本以外では知らないです。

もちろんイギリスも湯船につかる習慣はありませんので、シャワーだけの家が多いです。

イギリスシャワーのイメージ

もしくはバスタブがあったとしても、シャワーと一緒になっているのがほとんどですね。

イギリスお風呂のイメージ

体を洗う場所がバスタブの中ですし、追い炊きみたいな機能がついているわけでもないので、お湯を溜めて使うのは難しいかもしれませんね。複数人が別の時間でお風呂につかるのは無理だと思います。

これは人にも寄るとも思いますが、お風呂ではお湯につかりたい派の方には辛いです。

ちなみに私たち夫婦は、浸かりたい派。お風呂大好きです。

日本はお風呂に浸かる文化があるからこそ、トイレとお風呂は別なのかもしれませんね。

ただ全くないというわけでもありません。

新しめかつ高価な物件では、独立したバスタブが設置されているケースもあります。

バスタブ独立のイメージ

画像はかなり綺麗なものを参考にはしていますが、ここまでくるとほぼホテルみたいな感じです。なかなか一般人が手を出せる領域ではないかなと思います。

それでも、だいたいトイレと洗面台は同じ空間で別々になっていることはレアケースです。

3.ベランダ

日本ではベランダがない部屋の方がレアだと思いますが、イギリスではベランダのない部屋はよくあります。むしろベランダがない方が一般的かなと思います。

下記の記事でイギリスの洗濯事情についても少し説明しているのですが、イギリスでは部屋干しが一般的なことが関係しているかもしれません。

www.tomfamilyworld.com

1年中乾燥しているイギリスでは、部屋干しでもある程度洋服などは乾きますし、部屋干しが主流です。一軒家などでは庭に干したりなどしている方も多いようですが、マンションなどの集合住宅では外干ししている人はあまり見ません。 

それが故か、ベランダが付いている物件が少ないんです。

まらベランダがあったとしても、机や椅子を出してリラックススペースにしている人が多いです。

イギリスベランダのイメージ

イギリスで実際に物件を探してみると分かりますが、ベランダはBalcony(バルコニー)と記載されています。

バルコニーと言われると確かに椅子や机を起きたくなりますね。笑

日本人的な感覚からか、やはり洋服は外で干したいし、ベランダが欲しい!というのが個人的な意見です。

4.カーペット

イギリスでは日本に比べるとカーペットの家がけっこう多いです。

もちろん新しめの物件はフローリングが多いですが、最近できたモダンな物件でも寝室だけカーペットだったりもします。

イギリスの文化から「古き良き」を重んじる傾向がありまして、築50年を超える物件なんてざらにあります(しかも全然安くない)し、昔ながらの家もかなり多いのでそういったことが起きているのかなと思われます。

日本人的な感覚だと「汚れたら面倒、掃除が大変」というのが最初に頭に浮かんで避ける傾向にあるんじゃないかと思います。

私たちはカーペットは避けて、フローリングだけの家を探してますね。

 

日本人として、気になるのはこの4つが多いんじゃないかなと思います。

もちろん立地や家のそもそものクオリティにもよるんですが、この4つを揃えようと思うとどんどん値段は上がっていきます

どこを妥協して、どこを死守するかというのは人に寄ると思いますがかなり家を選ぶ上で悩ましいポイントになります。

さらにロンドンは家賃が高いですから、なおさらシビヤな問題ですね。 

参考に私たち夫婦の家賃と家を下記の記事で紹介しています。

www.tomfamilyworld.com

あとはちょっと気になるなーみたいなポイントもあるので、下記に紹介します。

5.洗濯機の位置

日本では脱衣所、洗面所のところに洗濯機が位置するのが一般的ですが、ロンドンではなんと、洗濯機がキッチンについているのが一般的です。。

イギリス洗濯機のイメージ

物件を探せば、キッチンしたではないやつがあると思ってたんですが、今のところ見たことがありません。

日本のような縦型の洗濯機が売っているのも見たことがありませんし、物件を探してどうなるといった問題ではないのでこれは諦めるしかありませんね。

小さい家では冷蔵庫もキッチンしたに入っていますが、広い家になると流石に冷蔵庫も大きくなるのでキッチン下ではなくなります。

6.オーブン

イギリスの家のキッチンにはオーブンがビルトインされています。

イギリスオーブンのイメージ

これは使ってみるとかなり便利で重宝しています!

イギリスに来てからオーブンを使って色々と料理を試してみていますが、おいしくて簡単!かなりおすすめです!

7.エアコン

緯度も高く、湿気も少ないイギリスは日本に比べると気温が低いです。

夏も湿気が少ないので、日本のように蒸し暑くなることもありません。だいたい暑くても27,8度という風に言われたりもします。

なので家にエアコンがないんです。設置するスペースもありません。

冬は寒いのでヒーターは付いているんですが、冷房器具がないんですね。

涼しいなら問題ないかと思うかもしれませんが、温暖化の影響もあるのか、暑い時は

30度も超えますし35度ぐらいになることもあります

この時はエアコンがないと暑くてしんどいです。地下鉄などにもエアコンはないので、電車なんて最悪ですね。

まだ購入できてないのですが、下記で暑さ対策に役立ちそうなアイテムを紹介しました。

www.tomfamilyworld.com

8.最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

細かい違いを挙げるともっとあるのはあるんですが、特に違いを感じたことを今回は紹介させていただきました。

最初は戸惑ったりもしますが、慣れ始めてしまえば案外どうにでもなります。

お金次第ですが、実現できるものもあるのでそこは臨機応変に対応できればいいかなと思います!

他にもイギリスの家事情に関する記事も紹介していますので、併せてご覧ください。

www.tomfamilyworld.com

また当ブログでは海外生活に役立つサービスなども紹介しています。便利ですのでオススメです!

www.tomfamilyworld.com

では、また!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村